足の構造でしっかり土台

片麻痺の足。

なかなか足首が安定せずに、内側に足が入ってしまっていたのですが、

何度か意識的に使うことで、足首の上にしっかりと脚が乗ると

足首がぐらつかずに歩くことができている。

装具がなくても、ゆっくりとなら歩けている。

 

動きももちろんだが、構造がしっかりすることで

さらに安定した土台となる足ができる。

どちらも必要不可欠なものだなと実感。

それはケガや片麻痺の方でなくても大切な部分。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました